東京中小企業家同友会青年部

青年経営者の経営塾

*

TOP

同友会三つの目的

  1. 同友会は、ひろく会員の経験と知識を交流して、企業の自主的近代化と強靭な経営体質をつくることをめざします。
  2. 同友会は、中小企業家が、自主的な努力によって、相互に資質を高め、知恵を吸収し、これからの経営者に要求される総合的な能力を身につけることをめざします。
  3. 同友会は、他の中小企業団体とも連携して、中小企業をとりまく社会・経済・政治的な環境を改善し、中小企業の経営を守り安定させ、日本経済の自主的、平和的な繁栄をめざします。

基本スローガン

みんなが主役。
ひとりひとりを大切に、
学びあい、チャレンジし、成長しあう、
質の高い人間関係を築ける青年部に。

私たち一人一人が学びあい、成長し合う同年代の仲間ができる事こそ、最大の同友会青年部の魅力です。
青年部に積極的にかかわると自分も自社も成長できる。成長を喜ぶ仲間がいる。そんな活動を目指していきます。

今期スローガン・今期目標

「全国大会で報告者になれる経営者を目指す!」
(今期の目標:「全員が報告者となる」)

全国大会で報告する方は理念経営・社員共育・社会貢献などの実践が行えている事が多い。
そして何より会社の売上、経営基盤ができている、またはできつつあると思われる。
そこを目指す、わかりやすい長期ビジョンとしてのスローガンとしてこの目標を掲げます。その一歩目として、今期は「全員が報告者となる」ことを目標に掲げます。
 昨年と同じ目標を掲げたのは、今期中に全員報告者を必達させます。
 報告者になる事が目的でなく、その過程を着実に歩くことが大切であり目的です。
 そのための学びをえられる場に青年部をしたいと考えています。

公開日:
最終更新日:2015/11/30